Just another WordPress site

6月17日は「砂漠化を考える日」その原因と対策とは?

この記事は7 分2 秒で読めます。

こんにちは。

本日、6月17日は何の日として知られているか、皆さんご存知でしょうか。

振り返ってみましょう。

今日は何の日?

6月17日は砂漠化および干ばつと闘う国際デーとして知られています。

1995年の国連総会で制定。国際デーの一つ。

1994(平成6)年のこの日、「国連砂漠化防止条約」が採択されました。

砂漠化と旱魃の影響と闘うための国際協力の必要性、および、砂漠化防止条約の実施に対する認識を高める日です。

砂漠化の原因と対策


砂漠化の定義は難しいです。よく「砂漠になってしまった地域を指し、元々砂漠の地域は指さない」と言われますが

じゃあ「元々」砂漠だったところも以前は違って、時とともに砂漠化したのではないかと思うわけです。

なので定義する場合は「植生に覆われた土地」であった地域が砂漠に変化することを考えます。

砂漠化とは何かについては、1996年12月に発行された「砂漠化対処条約」の第一条を見るとわかります

「砂漠化とは乾燥もしくは乾燥の程度の弱い半乾燥、および乾燥半湿潤地域における気候上の変動人間活動を含む様々な要素に起因する土地の劣化」

原因は主に2つであることがわかります。一つは気候の変化による自然現象としての砂漠化、もう一つは人為的な砂漠化です。

対策としてはどんなことが挙げられるでしょうか?

皆さんはどう思われますか?

どうすれば砂漠化を止められるのか…。

ゴミを減らせば、二酸化炭素の排出量を減らせば、森林伐採をしなければ、などたくさん出てきますが直接的に止めることにはなりません。

一番大切なのは「現状把握」です。

それはちょうど、自分の中で「部屋が汚れている」と実感するタイミングで掃除するのに似ています。

サハラ砂漠では毎年150万ヘクタールもの勢いで砂漠化が進んでおり、このまま進めばアフリカ大陸は砂漠大陸になってしまいます。

もっと細かい把握で考えると、砂漠の下に地下水があることが分かりました。

その地下水を有効活用する森林の作り方を考えます。

砂漠に含まれている砂や土の成分が分かりました。

その地質にあった植物を植えることにしました。

このように少し考えただけでも「様々な角度からの現状把握」が砂漠化対策に一番必要なことが分かるのではないでしょうか。

現状が分かれば対策も見えてきますが、まずは「自分たちの地球という快適な部屋が汚れている」と実感することから始まるのかもしれません。

6月17日の砂漠化および干ばつと闘う国際デーには普段考えないそういう事柄に目を向けたいですね。

過去の顕著な出来事

1901年 アメリカで大学進学適性試験SATが開始されました。

1918年 帝国人造絹糸(現在の帝人)設立。

1930年 アメリカ大統領ハーバート・フーヴァーがスムート・ホーリー法に署名し法律が成立。2万品目以上のアメリカへの輸入品に高い関税をかけます。

1932年 ボーナスアーミー。第一次世界大戦の復員軍人とその家族など約31,000人が支給の繰り上げ支払いを求めて、ワシントンD.C.へ行進しました。

1933年 ゴーストップ事件。陸軍と警察の大規模な抗争に発展します。

1939年 フランスでジュール=アンリ・デフルノーにより殺人犯オイゲン・ヴァイトマンのギロチンによる処刑が行われ、フランスで史上最後の公開処刑となりました。

1953年 東ベルリン暴動: 前日からの労働者のストライキが暴動化。ドイツ駐留ソ連軍が出動して鎮圧。

1954年 中華人民共和国とイギリスが国交樹立しました。

1963年 アメリカ最高裁が8対1で公立学校で行われていた聖書の朗読や主の祈りがアメリカ合衆国憲法に抵触するとの判決を出します。

1967年 中華人民共和国が初の水爆実験を実施。

1971年 沖縄返還協定に調印。衛星中継によりワシントンと沖縄で同時に行われました。

1971年 明治公園爆弾事件。37人の機動隊員が重軽傷を負います。

1972年 ウォーターゲート事件が発覚。

1981年 東京都江東区で覚醒剤を常用した男が主婦や幼児ら4人を殺害しました。(深川通り魔殺人事件)

1982年 「教皇の銀行家」と呼ばれたイタリアの銀行家ロベルト・カルヴィの首吊り死体がロンドンで発見されました。

1991年 南アフリカ共和国議会で人口登録法廃止法案が可決。アパルトヘイトが終結。

スポンサーリンク


比較的最近の出来事

2008年6月17日と言えば、宮崎勤死刑囚の死刑が執行された日です。

宮崎氏が起こした連続幼女誘拐殺人事件は、4歳から7歳という低い年齢の女児が被害者となり、

犯行声明を新聞社に送り付けたり、野焼きされた被害者の遺骨を遺族に送りつけたりなどの、

極めて異常な行動を犯人が取ったことから、欧米を中心に多発する児童への性的暴行を目的とした

誘拐・殺害事件などとの比較も行われ、戦後日本犯罪史上にて初めてプロファイリングの導入が検討されました。

特異性が強い事件であったため、事件発生当初から激しい報道合戦が繰り広げられ、

後に犯人の父親が自殺したことで「メディアスクラム」をはじめとする報道のあり方が

疑問視された事件でもありましたね。

6月17日生まれの有名人

6月17日生まれの有名人にはどんな人がいるでしょうか。

有名な人物として、女優の麻生久美子さんがいます。

アイドル歌手志望だったため、当初は女優業にはあまり興味がなかったそうですが、

当時のマネージャーに本当の目的を知らされないまま

1998年公開の『カンゾー先生』のオーディションを受けたところ合格し、出演が決定します。

無名女優から一気に日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、新人俳優賞を始め、

数々の映画賞を受賞し、女優としての地位を確立していきました。

誕生花まとめ

バラ 愛、無邪気、爽やか、幸福、美
フウセンカズラ 御身と飛行しよう、多忙
リアトリス 燃える思い
シロツメクサ 約束、私を思って、幸運(四つ葉)

誕生花の説明についてはこちら

<覚えておくと良い年>
1967年 中華人民共和国が初の水爆実験を実施。
1991年 南アフリカ共和国議会で人口登録法廃止法案が可決。アパルトヘイトが終結。

以上、出来事やイベント、この日生まれの有名人、誕生花まとめでした。

今日も一日良い日になりますように。

シェアして頂けると励みになります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

現在の時刻

音声付きYouTubeチャンネルはこちら

好きな人の誕生日にたまには花を…。
Top